カル食ニュース 更新履歴
情報の交流フォーラム
食を考える
ベーシック情報
食に役立つ
マニュアル情報
物の物流マーケット
人の交流掲示板


sinkansyokai_03.jpg



新刊紹介

Copyright(C)2005-2017
NPO法人
地域に根ざした
食・農の再生フォーラム
カルチャー・食-ing
All rights reserved.

掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。


博士たちのエコライス 商品物語
博士たちのエコライス栽培日誌
奥丹波ブルーベリー農場
随筆「皮肉之譚」
<1>遺伝子組み換え食品に
   ついての情報
     理事長 小池 恒男
<2>遺伝子組み換え食品20年目
   でわかったこと
   なぜゲノム編集技術なのか
        天笠 啓祐氏
放射能汚染と
日本列島
2011年3月に起きた福島第一原発事故。この記録は、放射能汚染と取り組む農民連食品分析センターの視点から、未曽有の試練に直面する日本列島の今を綴った、現在進行形のドキュメントです。
「百珍」とは、「百種類の珍しい料理」の意味。天明から弘化の頃、「百珍本ブーム」がおこり、新興都市江戸の江戸前食文化が芽生えました。実際に百珍本を見ながら料理をしてみました。
田んぼの未来、お米の未来
理事長 小池 恒男
「食のグローバル化」で地域の食文化が消えつつあります。しかし、本当の「グローバル化」とは地域の個性が大事にされること。そこにしかない産物、食品、料理こそ国際的に通用するのではないでしょうか。
127.豆苗
「豆苗」はえんどうの若い葉と茎を食べる野菜です。β―カロテン(体の中でビタミンAの働きをする。抗酸化作用がある)、ビタミンB、ビタミンC、葉酸などが豊富な緑黄色野菜です。
◆TPP協定で食の安全・安心はどうなるその体系的整理の試み
◆不透明感増すTPP交渉の行方を読む(2014年4月2日現在)
◆TPP参加で日本の食料農業はどうなる
◆TPP(環太平洋パートナーシップ協定)ってなに?
開始しました!
食について不安に思うこと、ぜひ、みんなに教えてあげたいことなど・・・、どんどんテーマをたてて、がんがん意見交換をしましょう。あらたな発見があるかもしれませんよ。
京都府南丹市美山町
大西 勇さん
essei_03.pngバックナンバーはこちら


一年以上のご無沙汰となりますが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年は仕事が倍増したのと、母の介護と、子猫を二匹迎えたのと、15才の猫が心筋梗塞になったのとで、シッチャカメッチャカ生活となり、エッセイを放ったらかしにしてしまいすみませんでした。 今年は「きっちり書くぞ」と元旦に決意、しかし既に3月突入。私の決意なぞペラペラの薄っぺらいものとなっております。

子猫は近所の人が「保健所に持って行く」と言うので引き取ってしまい、毎日子猫大運動会。掃除は大変だけど、弱っていく人を看る介護と違い、日々元気さを増して育っていく姿を見るのは気持ちが明るくなっていいものです。息子と娘も早く帰ってきて子猫と遊び、みんな手は傷だらけだけど笑い声が増して賑やか、今の私の癒しです。

しかし老猫の方は、子猫がストレスになったのか、突然後ろ右足が腰くだけのように歩き、ビックリして動物病院に駆け込むと「心筋梗塞で血栓が足に飛んだ、絶対安静、すぐ入院」とのことで酸素室に入れられ9日間入院。ずっと酸素室に入れられ、毎日面会(ガラス越し)に行きました。退院しても呼吸はしんどそうだしエサはあんまり食べずガリガリに痩せて、毎日「生きてる!?」と確認する日々。
ず〜っと生きた心地のしない日々を過ごしております。人間でいうと80はとっくに越えて、年が年だから覚悟はしてるものの、生き物は別れが辛い。何匹見送ってもこれだけは慣れません。 心配と不安でこっちまで血管収縮して脳梗塞になりそう…。私ってメンタル弱いわ、と実感してしまいます。

ピョンチャンオリンピックもアッというまに終わってしまい、楽しみを見つけないとメンタル持ち直せないなと思っている次第です。
3月は卒業の時。
旅立つ生徒たちにエールを送りつつ、私にも明るい春がきてほしい、と切に願うこの頃です。